HOME「シリコンバレーに行ってみませんか?」ツアー募集のお知らせ

「シリコンバレーに行ってみませんか?」ツアーとは

八神純子による東日本大震災の被災地支援活動であるトランスパシフィックキャンペーンの一環で、 2014年11月に米国カリフォルニア、シリコンバレーで行われたチャリティコンサートで集まった寄付金等を使っての ツアー企画です。八神純子も同行します。また現地在住のTPCボランティアメンバーが常に帯同します。

メッセージ 〜 八神純子

「東北の被災地の未来のために何ができるのだろう?」
そんな事を毎日考えて、沿岸の街に歌を届けたり、福島の子供達をハワイに招待したり、 チャリティーコンサートしたり、でもそれだけではだめなんです。
「もっと何か出来ないものだろうか?」ということで、 私と同じように東北への想いを持っている学生達と、 例えば「30年後の福島がどんな場所になっていて欲しいか? そのためには何をすべきか?宮城県や岩手の沿岸の街をどうしたら活性化出来るのか?」などを カリフォルニアのシリコンバレーと言う場所から日本を見つめながら、現地の方々と一緒に考えてみる、 語り合ってみる、そんな旅を計画しました。
全国の学生さんの応募をお待ちしています。

       八神純子

ツアーの目的

イノベーションの聖地と呼ばれるシリコンバレーを訪れ、東北の被災地の復興に向けて革新的なアイデアを考え 挑戦できる人材、またシリコンバレーと被災地との架け橋となり、東北から世界に向けて情報やビジネスを発信できるように なる人材の発掘、育成をサポートするために行います。

ツアー日程

2016年8月10日(水)午後成田空港集合、夕方発、同日午前サンフランシスコ空港着
2016年8月15日(月)サンフランシスコ空港午前発、翌16日(火)午後成田空港着、解散

募集対象

高校生以上の学生(居住地は東北に限りません。未成年の場合は同意書に保護者の署名が必要になります)

募集人数

8名程度(応募多数の場合は選考があります)

内容

●シリコンバレー在住の日本人(起業家、投資家、技術者、研究者など)によるトーク&ディスカッション
●シリコンバレーの中核をなすスタンフォード大学および周辺の最先端企業訪問、見学
●サイエンス系ミュージアム等訪問
●八神純子によるトークセッション

費用

自宅と成田空港の間の交通費、旅行保険、ESTA(14ドル)、およびお土産代など
(日米間の往復航空券と現地での宿泊費、移動費の全額、および食費の大部分[場合により多少の自己負担もあり]をTPCがサポート)

宿泊先

シリコンバレーの中心地であるSunnyvale市のシェアハウスOtokichi ( http://otokichi-project.com/ )

応募方法

自分はなぜこのツアーに参加したいかを、30秒以内のビデオ、 または400字以内の文章にして、メールか以下のフォームメールから投稿。

応募締め切り

2016年5月15日(日)  24時(日本時間)

選考結果発表

2016年6月1日(水)
参加が決定した方々には訪問先の予習等を行っていただくとともに、詳細情報をお送りします。

ご応募・お問い合わせフォーム

以下のフォームより、必要事項を入力のうえ送信してください。

お名前


メールアドレス(tpc.tsubasa@gmail.comが受信できるもの)


確認のためもう一度お願いします。


ご住所


電話番号


学校名、学部、学科、学年等


動画ファイルの応募方法 [A]

下のボタンをクリックしてアップロードしてください。

動画ファイルの応募方法 [B]

動画ファイルを「YouTube」にアップしてから、そのURLを次の欄に貼り付けてください。

動画ファイルの応募方法 [C]

メールに添付してお送りください。
メールアドレス tpc.tsubasa@gmail.com


記述でご応募される方はこちらにどうぞ。(400字以内)
(質問の方はその内容をこちらにご記入ください)


※ 「You Tubeへのアップロード方法」がわかりにくい方は
こちらも参考にしてください。


個人情報の取扱いについて

ご記入いただいた個人情報は、お申込み、お問い合わせへの対応および確認のためのみに利用します。
また、この目的のためにお問い合わせの記録を残すことがあります。

このページのトップへ